2019-07

未分類

腸の調子を改善する働きや健康促進を目指して毎日ヨーグルトを食べると決めたら…。

抗酸化効果に長けており、毎日の肌ケアや若返り、健康増進に役立つことで知られるコエンザイムQ10は、年齢を経るごとに体内での生成量がダウンします。関節痛を防ぐ軟骨に生来含まれるムコ多糖のひとつであるコンドロイチンですが、老化によって生成量が少...
未分類

生活習慣病の罹患リスクを抑えるためには食生活の見直し…。

栄養バランスを考えた食事を摂って、無理のない運動をいつもの生活に取り入れさえすれば、たとえ年をとっても中性脂肪の数値がアップすることはないと断言します。日常生活における栄養不足や運動量の不足などが起因となり、シニア世代だけでなく、20代や3...
未分類

日頃口にしているものから補うのがかなり難しいグルコサミンは…。

ドロドロになった血液をサラサラにして、心疾患や高血圧などのリスクを低減してくれるだけじゃなく、認知機能を改善して認知障害などを予防する有難い作用をするのがDHAと呼ばれる健康成分なのです。バランスの取れた食事を意識して、的確な運動を日常生活...
未分類

肥満の原因にもなる中性脂肪が増加する要因の1つとして周知されているのが…。

サンマやニシンなどの青魚の体内には、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸がいっぱい含まれていますので、中性脂肪や動脈硬化を誘発するLDLコレステロールを減少させる効用が期待できるとされています。ゴマなどに含有されているセサミンは、すばらしく抗酸...
未分類

厄介な糖尿病や高血圧などに代表される生活習慣病の対策にも…。

グルコサミンとコンドロイチンについては、両者とも関節痛の緩和に役立つことで高い評価を受けている軟骨成分です。ひざやひじなどの関節に痛みを感じるようになったら、積極的に摂るようにしましょう。グルコサミンと言いますのは、節々の動きをスムーズな状...
未分類

年を取ると人体の関節の軟骨は徐々にすりへり…。

コンドロイチン硫酸は、軟骨の生成を促進して関節痛を予防するのみでなく、食べ物の消化や吸収をフォローする働きをしてくれるということで、健康に暮らしていく上で必須の成分として知られています。サプリメントのタイプは多種多彩で、どんなアイテムを購入...
未分類

「肥満傾向である」と定期健診でドクターに注意された場合は…。

栄養バランスに配慮した食事を心がけて、適当な運動を生活スタイルに取り入れることにすれば、中高年になっても中性脂肪の数値が高まることはないでしょう。腸の働きを活発にしたいなら、ヨーグルト食品のようにビフィズス菌を含む善玉菌をたくさん含んでいる...
未分類

アルコールを断つ「休肝日」を設けるといいますのは…。

サプリメントを購入する場合は、配合成分をチェックするのを忘れないようにしましょう。低価格のサプリは質の低い合成成分で製造されていることが大半なので、買い求める際は注意しなければいけません。過度なストレスを感じ続けると、体の内部のコエンザイム...